合宿滞在中での注意点

合宿先で、運転免許を取得している場合、いくら学科・技能講習の成績がよく順調に進んだとしても、施設内でルールを守らずに素行不良や迷惑行為を続けると強制退去させられる可能性もあります。ここでは、合宿滞在中で気を付けることを紹介します。

合宿免許には、数多くの人が参加しています。友人と一緒に参加している人もいれば、一人で参加している人もいます。全員揃って顔見知りというわけではないため、必ずトラブルが起きないとは考えにくいです。合宿中の生活面で起こったトラブルに関しては、自己責任扱いとなります。トラブルが起きても巻き込まれても教習所は保証してくれないため、貴重品の管理や私物の管理はしっかり行い、余計なトラブルで免許取得の時間を無駄遣いしないようにしましょう。

また、万が一、合宿期間が延びてしまった場合を想定しておかなければなりません。最短2週間で免許取得ができるとはいえ、あながち最短取得が可能という保証は何処にもありません。スケジュールギリギリで免許取得を考え、延長してしまった場合の合宿日数が確保できず八方塞がりになります。学校の進級前や新学期が始まる間近までに計画していた場合や、会社の長期休暇の間に参加しているなど、計画通りに卒業出来ず合宿期間が延長してしまったことも想定して、スケジュールにはゆとりを持って合宿に参加するようにしましょう。